上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.11.23
今日はKoreanBBQのDinnerをしてきた。
Yonge-Collegeに新しくできたKoreanBBQやさん。
今Promotion中で、「All you can eat」が、
Dinnerは9ドル、Lunchはなんと6ドル!!!
ちょー安くない???
今、日本でもこんな安い焼肉食べ放題なかなかないよね!!
カルビ、牛タン、チキン、ポーク(たぶん)のスライス、サーモン、なんか白身魚、イカ
野菜は残念ながらないんだけど、かわりにKoreanFoodにつきもののSideDishはついてました。
いっぱい食べました。
2人前2セット注文して、完食しました。。。
となりのおばちゃんに、「あんたたちよく食べるわねぇ」ってつっこまれました。笑
そしてお味の方は…
まぁ悪くないんじゃないの?
SideDishのキムチはかなりいただけなかったけども、、、
それ以外はまあまあ◎
今のところお腹痛くないです!!(そういう問題?)
とにかく9ドルでこれはお得☆
ぜひ行ってみて~~☆★
Promotionは11月いっぱいだよっ><
スポンサーサイト
2005.11.22 日曜日
日曜日、サンタさんがやってきました。
サンタクロースパレードです。
Takumi、Yasuと見に行きました。
…見に行ったハズでした。
が、おなかのへった3人。
まずはCristieのKFCへ直行。
人だらけのBloorを歩き、やっとこさ到着。
中もやったら混んでる…と思いきや、みんなトイレ待ち!?
それでもそこそこ待たされ、
使えそうにないおっさんにオーダーし、
やっと食べ物にありつけたころにはパレードはすでにはじまってた。。。
そこにYasuがMen'sNonnoと何とかっていう雑誌出してきて…
もうみんな雑誌にクギ付け。
パレードは結局トーマスしか覚えてません笑。
その後、仕事中のAyumiに会って、
Yonge-BloorのSecondCupまで歩いて、
そこでお茶しつつまた雑誌見て、
そしたらYoshiがやってきて、
一緒にしゃべって、
YorkVilleに寄ってから家に帰ることにして歩いてたら、
またもやMiekoに遭遇。
4回目!!
すごい遭遇率。
彼女の話をききつつ、Bathurstまで歩いて、Miekoとバイバイ。
そっからTakumiと一緒に歩いて、
そのときに宗教の話をしてすごく恐ろしくなり、
Takumiに結局うちまで送ってもらっちゃいました。
Takumi、ありがとう><
その後夕飯を作ってたら、
トマトバジルソースのビンの中身が白く固まってて、
ショックを受けました。
冷蔵庫入れるもんじゃないし、どうしたらいいのさ…。
こんな感じで、一日が終了しました。

…ちょーどうでもいいな(汗)
2005.11.20 such a nervous day
今日はAlexのパパに会ってきた。
一緒にごはん食べに行った。
GreekTownへ。はじめてのGreekFood。
うまかった!!
いや、それはおいといて…。
…久しぶりにこんな緊張した><
AlexはTaiwanese。
とうぜんパパもTaiwanise。
何が問題って、言葉が通じません!!!!!
いや、ビックリした。
言葉が違うことがこんなに大変なことだと実感したことは今までになかった。
パパと妹さんとAlexはMandarineで話して、
私と妹さんとAlexは英語で話して。
…パパと会話ができない;;
とりあえず、Smile。
Luckily、わたしは笑うことは得意。
それだけで乗り切った。
そして食事終了後…
「ThankYou」言いそびれたーーーー(泣)
Canadaのお金払うシステムきらい!!!
だって、日本だったら、レジでお会計した直後に「ありがとう」と「ごちそうさま」を言うじゃん?
でも、こっちってテーブルにお金置いてくから…
いつ言えばいいの!?
友達とか彼氏だったら、お金について会話があるから、言うタイミングもあるけどさぁ。。。
結局、車から降りるときに「thank you for lunch」みたいなことを何とかゆって、パパとバイバイしました。。。
自分が情けない;;

その後はShoppingに行ったんだけど、
またもやAlexのキゲンを損ねる。。。
なんとか治って、Shopping続けてたら、
もう一回ケンカ。
さすがにムリだった。
わたしがキレた。
あんなにキレたのは今まで見せたことなかったにちがいない。
ビックリしてた。
だってもうウンザリだよ、ケンカすることに。
話し合ってAgreementを作る気にもならない。
で、なんとかわたしがキゲン治ってYorkvilleを歩いて、
そのあとなぜかAlex邸へ。。。
またパパに会って、夕飯をごちそうになり、
「ぜんざい」のおみやげまでもらって、帰って来てしまいました。
なんか、ずっと「ThankYou」って言いつづけてた。。。

それにしても、濃い一日だった。

わたしのBlog読んでくれてる人たち。
しょうもないことを書きつづけてごめんなさいm(__)m
2005.11.18 try my best
イライラする。。。
今日はまったくいいことがなかった。
というか、最近いいことない。
つかれた。
明日もバイトだ。。。
クリスマスとNYのため。
がんばんなきゃ。
バイトを始めてから、あんまり勉強できてない。
って、これはただのイイワケ。
自分に甘えてるだけ。
そう。ぜんぶぜんぶ甘えてるだけだ。
ちゃんと、やろうと思ったら、できないことなんかないのに。
そんな不可能なことをしようとしてるワケじゃないのに。
決めた。
甘えるのはやめる。
try my best.
何事にも。
やればできる。
がんばれ、自分。
2005.11.16 KFC
今日、初めて(!)KFCでChickenを買いました。
なぜって、急に食べたくなったから。
昨日、AyumiのBlogからChickenは一匹1ドル!だという情報を仕入れたので、
Challengeしようと思ったんです。

KFC @Cristie
 私「Chicken2つください」
 店「2.66ドルです」
…あれ?おかしい、これは「Toonie Tuesday」の値段だぞ?
 私「あの…FrenchFriedナシでChicken2つだけほしいんですけど…」
 店「ムリです」
えっ!?ムリってなに!?!?@@
 私「えっ?…1つだといくらなんですか??」
 店「えーっとねぇ…1・89だね」
なんですと!?!?1ドルのハズじゃ!?話がちがーーーう!!!
 店「Toonie Tuesdayの方がChicken2つより安いから、Friedアリでもナシでもこの値段だね」
 私「…Friedも一緒にください。。。」

結局Toonie Tuesdayを経験してきただけに終わりました--
Ayumi、どうやってそんなラッキーを手に入れたのよ;;

でもとりあえず、Chickenはうまいです。
たぶんまたすぐに行くでしょう。
2005.11.16 stay with me...
11月12日(土)
Mamiが日本へ帰った。
空港へはじめて見送りに行った。
空港へ行っても、なんかMamiがいなくなっちゃうっていう実感ぜんぜんわかなくて、
Mamiが泣いてくれてるのに、わたしは「またすぐ会えるじゃん」とか言ってて。
もちろんMamiがここからいなくなっちゃうってのはわかってるからすごくさびしいんだけど、
なんか、現実味がない。
そのあと家に帰って、Mamiに後に入ったトモコがMamiの部屋にいて、
あ、やっぱりMamiがいない。って気づいて。
そしたら今度は、本当にMamiはここにいて、仲良しになったんかなって思えてきて。
でも、おそろいのピアスがあるから、Mamiと一緒にいたんだなって、思えた。
何かがなくなると、なくなった瞬間、それは現実味を失ってしまう。
どんなに大切なものでも、瞬時に、「夢の中で起こった出来事」のよう。
だからきっと人は、何か思い出をカタチに残そうとするのかな、なんて考えたりして。

なんでこんなにseriousなのかって、今朝Mamiがいなくなる夢を見たから。
びっくりした。朝起きたら泣いてた。
この夢、Mamiがいなくなっちゃうことだけじゃなくて、たぶん、わたしが日本に帰るときの別れも表してたんだと思う。
まみが帰ってしまってから、「日本へ帰る」っていうことが、すごく現実味をおびてきて、
わたしももうすぐ帰るんだなぁって、漠然とだけど、そのときのことをいつも考えてるから。
そのことがずっと心の中にある。
日本に帰って、何をするんだろう。とか。
誰に会いたいかな。とか。
わたしは日本に一人で帰って、ここから離れて、やっていけるんだろうか。
こっちで知り合った人たちは、とても居心地がよくて、
正直日本の友達たちよりもわたしはこっちでできた友達たちの方が好きかもしれない。
自分を素直に出せる。
ここを出てしまったら、彼らにはしばらく会えないんだろうな。
友達だけじゃない。
Alexにだって、次いつ会えるかわからない。
またわたしがこっち遊びに来ればいいかもしれないけど、
たぶん忙しくてムリだろうなぁ。
はぁ。
別れって、だいっきらい。
耐えられない。
出会いの数だけ別れがあるとかってゆうけど、
そんなのイヤだ。
出会いだけでいいのに。
もし別れを経験しなければ新しい出会いが得られないのなら、
もう新しい出会いなんていらないよ。
もう十分、ステキな人たちに出会えた。
わたしの人生、この人たちと一緒にいれば、きっとすごく楽しい。

みんな、いなくならないで。
2005.11.11 meet halfway
最近ずっと考えていること。
例えばわたしがAを要求したとするでしょ。
でも、相手はBがほしい。
AとBは正反対。
そんでもって、「じゃぁ真ん中取ろう」ってできない出来事。
こういう場合、どうしたらお互いが満足できる?
もちろん「譲り合い」が大事なんだっていうのはわかってるんだけど。
でも譲り合って、結果、どっちかが100全部手に入れてどっちかがまったくの0になっちゃう。
それって、そのうち絶対ストレスになるよね。
で、とりあえず譲ってみるじゃん。
そしたら、向こうも譲ってくれたらいいんだけど、そうとは限らない。
だって、向こうは向こうで、わたしが譲ることをちょっと期待して待ってるわけで。
わたしが譲ったのは向こうにとってはチャンスなわけだから、
それをスッっと受け取っちゃうの。
でも、わたしも向こうが少し譲歩してくれることを期待してるじゃん?やっぱ。
そうじゃないと、わたしだけガマンすることになるじゃん。
って、この部分が間違いのモトなのかもしれないけど…
でも、わたしだけガマンし続けるのは、やっぱりあんまり気分がよくない。。
なんていうか、わたしはせっかく相手のこと考えたのに、向こうはわたしのことは考えてくれない。なんでなの?って思っちゃう。
まぁ、結局わたしのワガママなのかなぁって結論になっちゃうんだけども。
この考え方おかしいかなぁ?
相手にそんなことを期待するのは間違ってる?
でも、わたしはそこまでMじゃない。
自分が全部犠牲になって相手が幸せならそれでいいなんて、とうてい思えない。
相手が幸せで、でもわたしも幸せじゃないと、どうもHappyにはなれない。
"You can't make it perfect."
わかってるんだけども。
でもどうしても納得できない。
なんでかなぁ。
なんでわたしと同じように考えてくれないんだろう。
相手に対して、わたしのことをもっと考えてほしいって願うのは間違ってる?
これって、わたしのエゴかなぁ?

I know I can't make it perfect, but I wanna make it the best for us.

2005.11.11 もうすぐ
別れの時が来る。

Mamiと会ったのはつい最近。
わたしがこの家に引っ越して来た、9月。
仲良くなったのは、たぶん10月になってから。
運命を感じた。
こんなにもわたしと近い人に出会ったのは初めて。
というか、同じ。考え方が、まったく同じ。
でも、その後の行動が正反対。
彼女は何でもガマンする子。
一方わたしはガマンのできない子。
何かがあって、どう感じるか、考えるかっていうprocessは一緒なのに、
その後についてくるresultがぜんぜん違う。
で、彼女はわたしがうらやましいと言うし、
わたしは彼女がすごくうらやましい。
だって、わたしが彼女のように行動できたら、
今わたしが悩んでる問題たちは一つも起こらないだろうから。
でも、彼女は彼女で、わたしみたいだったら、こんなに悩まないのにってゆう。
とにかくいろんなことを話した。
彼氏のこと、友達のこと、家族のこと…
お互いに、「だよね、だよねっ!!」ってゆって、
ぜんぶ解りあえる。
こんな友達、今までいなかった。
そのMamiがいなくなるなんて、考えられない。
これから、家に帰ってきて何をすればいいんだろう。
誰とごはんを食べればいいんだろう。

明日はMamiと一緒に過ごせる最後の夜。
Dinnerして、友達のところで一晩飲んで、話をする。
そして明後日、朝、彼女はTorontoを発つ…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。