上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.11.16 KFC
今日、初めて(!)KFCでChickenを買いました。
なぜって、急に食べたくなったから。
昨日、AyumiのBlogからChickenは一匹1ドル!だという情報を仕入れたので、
Challengeしようと思ったんです。

KFC @Cristie
 私「Chicken2つください」
 店「2.66ドルです」
…あれ?おかしい、これは「Toonie Tuesday」の値段だぞ?
 私「あの…FrenchFriedナシでChicken2つだけほしいんですけど…」
 店「ムリです」
えっ!?ムリってなに!?!?@@
 私「えっ?…1つだといくらなんですか??」
 店「えーっとねぇ…1・89だね」
なんですと!?!?1ドルのハズじゃ!?話がちがーーーう!!!
 店「Toonie Tuesdayの方がChicken2つより安いから、Friedアリでもナシでもこの値段だね」
 私「…Friedも一緒にください。。。」

結局Toonie Tuesdayを経験してきただけに終わりました--
Ayumi、どうやってそんなラッキーを手に入れたのよ;;

でもとりあえず、Chickenはうまいです。
たぶんまたすぐに行くでしょう。
スポンサーサイト
2005.11.16 stay with me...
11月12日(土)
Mamiが日本へ帰った。
空港へはじめて見送りに行った。
空港へ行っても、なんかMamiがいなくなっちゃうっていう実感ぜんぜんわかなくて、
Mamiが泣いてくれてるのに、わたしは「またすぐ会えるじゃん」とか言ってて。
もちろんMamiがここからいなくなっちゃうってのはわかってるからすごくさびしいんだけど、
なんか、現実味がない。
そのあと家に帰って、Mamiに後に入ったトモコがMamiの部屋にいて、
あ、やっぱりMamiがいない。って気づいて。
そしたら今度は、本当にMamiはここにいて、仲良しになったんかなって思えてきて。
でも、おそろいのピアスがあるから、Mamiと一緒にいたんだなって、思えた。
何かがなくなると、なくなった瞬間、それは現実味を失ってしまう。
どんなに大切なものでも、瞬時に、「夢の中で起こった出来事」のよう。
だからきっと人は、何か思い出をカタチに残そうとするのかな、なんて考えたりして。

なんでこんなにseriousなのかって、今朝Mamiがいなくなる夢を見たから。
びっくりした。朝起きたら泣いてた。
この夢、Mamiがいなくなっちゃうことだけじゃなくて、たぶん、わたしが日本に帰るときの別れも表してたんだと思う。
まみが帰ってしまってから、「日本へ帰る」っていうことが、すごく現実味をおびてきて、
わたしももうすぐ帰るんだなぁって、漠然とだけど、そのときのことをいつも考えてるから。
そのことがずっと心の中にある。
日本に帰って、何をするんだろう。とか。
誰に会いたいかな。とか。
わたしは日本に一人で帰って、ここから離れて、やっていけるんだろうか。
こっちで知り合った人たちは、とても居心地がよくて、
正直日本の友達たちよりもわたしはこっちでできた友達たちの方が好きかもしれない。
自分を素直に出せる。
ここを出てしまったら、彼らにはしばらく会えないんだろうな。
友達だけじゃない。
Alexにだって、次いつ会えるかわからない。
またわたしがこっち遊びに来ればいいかもしれないけど、
たぶん忙しくてムリだろうなぁ。
はぁ。
別れって、だいっきらい。
耐えられない。
出会いの数だけ別れがあるとかってゆうけど、
そんなのイヤだ。
出会いだけでいいのに。
もし別れを経験しなければ新しい出会いが得られないのなら、
もう新しい出会いなんていらないよ。
もう十分、ステキな人たちに出会えた。
わたしの人生、この人たちと一緒にいれば、きっとすごく楽しい。

みんな、いなくならないで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。