FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.04.22 留年…
しかけました。本気で。

今日、昨日直してもらったエラーのゼミを履修修正しようと思い、
12ごろ起床、パソコンに向かう…

画面上はまだエラー。
きっともう一回入力したらいいんだな。
入力をクリック。
。。。
えっエラー…?
?????????
もっかい…
えっまたエラー?????
そうか、ここが「2」になってるからあかんねんな。
よし「1」にして、入力!!
…えぇぇぇっ!?まだエラー!?!?!?
どうしよう。まずい。
履修修正今日まで。
というか、12時20分まで。
事務室も12時20分まで。
今は??11分!?!?!?
やばい。
死ぬ。

とりあえず学校へ直行。
25分くらいに学校前に着いて、
文学部まで走って走って、
半閉まりの文学部のドアをこじあけて、
中の事務室に行くも「終了」の看板。
やばいよやばいよ。
そこに事務室の人らしきおじさん発見。
思い切って声をかけ(文学部の事務室の人怖いねん。。。)、
4回で、相談用紙書いたのにゼミの履修修正がまだできないと訴え。。
事務室ってね、こういうとき、冷たくつっぱねられるんです。
あなたが悪いんでしょうバリな態度で。
でもこのおじさん、いい人やった。
4回でゼミ履修できない→卒業できない!
瞬時でこの事の重大さに気づいてくれはって、
学生証をわたしから受け取って事務室の中にとんでいってくれました。
待つこと数分。
おじさんは履修登録の用紙と共に帰ってきて、
「これで大丈夫??般教とか、単位は???」
めっさ、いい人でした。。
泣きそうになりました。

深々とおじぎをしてお礼を言い、学校を後にしました。
それにしても、12時20分までとわかってて、
12時に起きたわたしがどう考えても悪いんですよね。
4回やのに、こんなギリギリに履修とか修正してるから悪いんですよね。
それやのにそのおじさんはそのことをひとつも責めることなく…

教訓。
何事も、ギリギリで行ってはならない。
早め早めの行動をすること。

本気でそう思いました。
それにしてもこんな出来事でも起こらない限り実感のできないわたし。。。
なんて情けないんでしょう。。。
大人にならなきゃね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://plentyofmilestones.blog27.fc2.com/tb.php/39-b2554552
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。