上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.11.11 meet halfway
最近ずっと考えていること。
例えばわたしがAを要求したとするでしょ。
でも、相手はBがほしい。
AとBは正反対。
そんでもって、「じゃぁ真ん中取ろう」ってできない出来事。
こういう場合、どうしたらお互いが満足できる?
もちろん「譲り合い」が大事なんだっていうのはわかってるんだけど。
でも譲り合って、結果、どっちかが100全部手に入れてどっちかがまったくの0になっちゃう。
それって、そのうち絶対ストレスになるよね。
で、とりあえず譲ってみるじゃん。
そしたら、向こうも譲ってくれたらいいんだけど、そうとは限らない。
だって、向こうは向こうで、わたしが譲ることをちょっと期待して待ってるわけで。
わたしが譲ったのは向こうにとってはチャンスなわけだから、
それをスッっと受け取っちゃうの。
でも、わたしも向こうが少し譲歩してくれることを期待してるじゃん?やっぱ。
そうじゃないと、わたしだけガマンすることになるじゃん。
って、この部分が間違いのモトなのかもしれないけど…
でも、わたしだけガマンし続けるのは、やっぱりあんまり気分がよくない。。
なんていうか、わたしはせっかく相手のこと考えたのに、向こうはわたしのことは考えてくれない。なんでなの?って思っちゃう。
まぁ、結局わたしのワガママなのかなぁって結論になっちゃうんだけども。
この考え方おかしいかなぁ?
相手にそんなことを期待するのは間違ってる?
でも、わたしはそこまでMじゃない。
自分が全部犠牲になって相手が幸せならそれでいいなんて、とうてい思えない。
相手が幸せで、でもわたしも幸せじゃないと、どうもHappyにはなれない。
"You can't make it perfect."
わかってるんだけども。
でもどうしても納得できない。
なんでかなぁ。
なんでわたしと同じように考えてくれないんだろう。
相手に対して、わたしのことをもっと考えてほしいって願うのは間違ってる?
これって、わたしのエゴかなぁ?

I know I can't make it perfect, but I wanna make it the best for us.

2005.10.19 ダダっ子
大人になりたい。
自分の中のこどもの部分を成長させたい。
わたしは相手を我慢させることが嫌いで、
でも、自分が我慢することも好きじゃない。
だから自分の要望が相手のものと異なったとき、問題が起こる。
例えば、わたしが何か要望を出して、
もし相手がsureと言ってくれても、
本当にそうしたいのかを訊いて、本当のことを言わせる。
その「本当のこと」が自分の要望と合っていなかったら、
自分の要望は通したくない。
だって相手が我慢することになるから。
だから最初は相手に合わせようとする。
でも、それをすると、自分の気持ちが晴れないんだ。
相手に良いようにしてあげたい。
でも、なんでわたしの良いようにならないの?って、
同時に思ってしまう。
いつも、いつも、そう。
ものすごい我儘。
こんなのただのダダっ子。
相手にいい顔したいだけなのかもしれない。
相手にしてみたらいい迷惑。
だって、相手はどうも行動できない。
"What should I do!?"
いつも言われる。
でも、わたしにもわからないんだ。
我儘にはなりたくない。相手のことを一番に考えられる人間になりたい。
でも、自分の中の「我儘」が、どうしてもそれを受け入れてくれない。
いつになったら、越えられるんだろう。


I wanna be more mature
I wanna be glad to think about you
I don't wanna bother you for such a small reason
I wonder, when i can make you happy...
2005.10.16 なんとなく
わたしは人に自分の思ってることを見られるのが苦手で、
人に自分のprivate lifeを話すのはぜんぜん好きなんだけど、
どうやら人には見られたくない部分っていうものを持っているらしくって、
じゃぁ何でブログ始めたのかってゆわれたらまぁそれまでなんだけど。。
友達には「秘密主義」なんだとゆわれるけど、
それもなんかちょっとちがうような気もして。
人に見られると思うとすごく考えてしまう。
いいこと書かなきゃ、おもしろいこと書かなきゃって。
見てもらって価値(?)のある文章を書こうと考えちゃう。
だからってもちろんそういう文章が書けるわけではなくて。
…何が言いたいのかって?
結論:ブログ書くのってむずかしい。って感じたったことです 笑。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。